スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロッカーケース締付ボルトキット」新発売

W1エンジン ロッカーケース締付ボルトキットを発売しました。

1台分 5,000円(税込・送料込)となります。
IMG_0001_20180318174023de3.jpg

内訳
        首下長さ(㎜) ネジ長さ(㎜) 六角頭(㎜) 本数
・ボルトl     95         30        8       4
・ボルトm   65         25        8       4
・ボルトs    35         23        8        4
IMG_0010_20180318174151cdf.jpg


ネジ強さ7T
IMG_0013_1_20180320093010335.jpg


ボルト組付けには必ずワッシャーお使いください。
IMG_0005_20180320085445b32.jpg


ワッシャーセットも含んだキットの場合、
1台分 5,200円(税込・送料込)となります。
IMG_0011_201803200912048cc.jpg



ご注文はFAX又はeメールでご連絡下さい。
お支払いは、商品到着後、請求書記載の口座にお振込み下さい。























スポンサーサイト

W1Sヘッド、ガイド打替え整備の様子(最新)

W1Sヘッドのガイド打替えの様子。 まずバルブから。

幸い、バルブステム(Φ8 )の摩耗が少なく曲りも無かったので、根元まで研磨出来ました。
IMG_0038_2018031408434286d.jpg


更に、傘部とステムエンドを研磨しバルブは完成。 これに合せてガイドを製作します。
IMG_0037_201803140843406c6.jpg


最近のガイド頭部の様子。 相棒が改良を加えてくれています。
IMG_0046_20180314084444243.jpg


ステムシールの噛み込みを良くする為に表面に小さい溝が入ってます。
IMG_0042_20180314084346c7f.jpg


ステムシールを組んでみると、しっくり奥まで噛みついて安心感が増します。
IMG_0049_20180314084445743.jpg


現代版ステムシールの組込みで、当分絶好調を保ってくれるでしょう。
適切なバルブ隙間とオイルシール・・・そしていいオイルですね。
IMG_0052_20180314084450a59.jpg



気になる燃焼室側はノーマルでした。
IMG_0053_201803141852034e0.jpg




























オイルフィルターキット組付けの様子

オイルフィルターキットを発売して3年以上経ちましたが、これまで組付けの様子をあまり記事にしてませんでした。今回、要所を具体的に写真で紹介します。

キットの中身です。



「戻りホース」のタンク側バンジョーを分解除去するかホースをギリギリのところで切除します。
IMG_0006_20180308093911f73.jpg


エンジン側のバンジョーボルトを緩めてホースが自由に動くようにしておきます。
予めクラッチワイヤーを外し、レバーも逃しておきます。
IMG_0012_2018030809391424c.jpg
隙間を狙ってホースをエンジン後方の空間に通します。(ここが一番大変)


ホースをUターンさせてエンジンとミッションの間を通し先端を下方に向けます。
IMG_0008_2018030809391210f.jpg


先端を引張って、ホースがいい位置に収まるようます。
IMG_0015_2018030809391727a.jpg


車両底部からのぞいた写真。中央に「戻りホース」の先端が見えます。
IMG_0018_20180308093918c8a.jpg


ブラケットにフィルターを仮組みしておくと持ちやすくて後の作業がやり易くなります。
IMG_0021_2018030809392078e.jpg


キットの「新規ホース」を長いニップル側に。 下げてきた「戻りホース」を短いニップル側に差し込みます。
IMG_0031_201803080939211d3.jpg
ブラケットを車体に仮組みし、ホースにねじれがない位置を探してからバンドを本締めします。
フィルターを持上げてボルトを通します。



スケッチは、ニップル長さ決定の時のものです。
竹の子部分(20㎜)が隠れるまでホースを差込むと、ホースとケースの干渉が最小となります。
IMG_0002_20180308102441d28.jpg
スペースがなく、ギリギリ設計になってしまいました。

ホースバンドの締付け、フィルターの本締め、ガードの取付けをお忘れなく。































スズキのデザインは時間が経つと良くなっていく・・・

友人のKさんがスズキGT750で来てくれました。

車両は後期型だそうですが、タンクは初期型との事、全体によくまとまったデザインですネ。
今感じる「新鮮さ」 はどこから来るのでしょうか。



こんな車両を所有する幸せ者のKさんデス。
IMG_0015_1_20180227175826784.jpg



IMG_0002_3.jpg


水冷三気筒エンジンの造形がいいですネ~。
IMG_0012_20180227183027ad3.jpg


私が好きなTシリーズの空冷エンジンとは異なりますが、水冷シリンダーとヘッドを合理的にまとめてますね。
IMG_0013_2_20180227175805d43.jpg


存在感がありますネ~。
IMG_0003_3_20180227175631f40.jpg



















オイルフィルターキットが2タイプになります。

「オイルフィルターキット」は発売以来、好評を頂いておりますが、
今回2つのタイプに分けることにしました。

本体の構造は同じですが、車体側についている通称「オイルホースセット」のタイプが2種類あるため、両者に対応できるようにしました。


写真は2本とも、エンジンからオイルタンクへ戻る側のホースですが、上は過去に販売されていたタイプ、下は現在販売されている新品です。
IMG_0009_1_2018012414545770c.jpg


両者の違いは両端のバンジョーと金具が非分解式なもの(左)と、分解式のもの(右)です。
IMG_0010_201801241454583fa.jpg


非分解式のホースは硬化していて交換の時期が迫ってますが、中にはしっかりしていてまだ使用に耐えるものもあります。
フィルターキット取付の時は分解できないのでバンジョー根元で切断します。
IMG_0011_20180124145500880.jpg


但し、切断してみると内径がΦ8㎜と現行品のΦ10㎜と比べると2㎜細いです。
IMG_0013_201801241455012c8.jpg


フィルターブラケットを上側からみた写真ですが、左が従来タイプ、右側が非分解バンジョーホース対応タイプです。
(短い方の竹の子ニップルのサイズが異なるだけです)
IMG_0002_201801241526270ef.jpg


エンジンを出たオイルは短いニップルからフィルターに入り、長いニップルからオイルタンクへ向かいます。
IMG_0007_1_20180124190600661.jpg

いずれにしても、車体に付いている戻りホースが硬化していたり亀裂が入っている場合は要交換です。
取付け作業に入る前に、ホースの点検が重要です。

今後、従来型を「タイプA」、非分解バンジョーホース対応型を「タイプB」とします。
現在車体に付いている戻りホースのタイプに合わせてご注文下さい。























最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。