FC2ブログ

w3腰下のOH③

オイル通路のメクラを締め、バランスを確認して完成です。



カムシャフトのメクラを外してオイル通路を掃除します。
IMG_1881_convert_20130818062313.jpg


ケースへの組込みはタイミング側から。カムシャフトもセットします。
合面に液体ガスケットを塗ってドライブ側ケースを被せます。
IMG_1883_convert_20130818062451.jpg


無事ドライブ側ケースが組込まれました。均等にナットを締付けます。
IMG_1884_convert_20130818062540.jpg
(ケース組込みの詳細は、2013,3,29「腰下の組立て」をご参照下さい)
スポンサーサイト



w3腰下のOH②

コンロッド小端ブッシュを製作して圧入!
内径、すなわちピストンピンとのクリアランスは10~20μm位、 ホーニングで仕上げます。



新品ニードルを組込みます。 それぞれ20本づつ。
IMG_1851_convert_20130817223831.jpg


ニードル転動面の仕上げが完了しました。クリアランスもしっかり出します。
IMG_1863_convert_20130817230242.jpg


クランク組立直前の様子。
IMG_1860_convert_20130817230819.jpg


ロッドサイドすき間を管理しながら圧入が終了。芯ブレを調整します。
IMG_1866_convert_20130818061948.jpg

w3腰下のOH

ショップさんから、W3腰下のOH依頼がありました。


コンロッド小端部のブッシュは緩んで外れています。(最近多いデス)
ブッシュ入替えも含めてクランクAssyをOHすることになりました。
IMG_1532_convert_20130817211817.jpg

ケースを割ってクランクを取出します。
IMG_1538_convert_20130817212003.jpg

ドライブ側クランクを抜くと、スラッジで満杯です。
スラッジはオイル孔の淵まで到達し、既に孔の中にも堆積し始めていきます。
IMG_1548_convert_20130817212120.jpg

クランク全バラシが終了しました。
IMG_1554_convert_20130817212321.jpg

幸い、ピンの表面に剥離はありませんでした。
IMG_1558_convert_20130817212433.jpg

コンロッド大端部内面も大丈夫です。
IMG_1562_convert_20130817212712.jpg

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ