fc2ブログ

再 オイルフィルターキットの装着 ③


オイルホースを新品に替え、エンジンを元の位置に戻しました。
戻りのオイルホースは写真のように大きく曲げて下方に向けます。
IMG_0030_20211106173748650.jpg


エンジンを正規の位置に。 フロント側のブラケットも取り付けました。



エンジン固定ボルトを締める前に、
プライマリードライブのチェーンを仮組し、張り具合をチェックします。
チェーンの張りがいいところでエンジンを固定すると、ミッションを動かさないで済みます。
IMG_0004_20211106173735618.jpg


それからエンジン固定ボルトをしっかり締め込みます。
IMG_0008_20211106173736f62.jpg


キットに入っている戻りホースをプレートの間に刺し込みます。
曲げたホースが楽になるように位置を決めます。
IMG_0015_2021110617373927a.jpg


フィルターブラケットのニップルにホースを刺してバンドで締込みます。(20㎜差込む)
後方がエンジンからフィルター入口へ、前方がフィルター出口からオイルタンクへのホースです。
ブラケットにフィルターを仮付けして作業すると楽です。
IMG_0012_2021110617373832c.jpg
バンドのネジ部がケースにぶつからない向きで締めます。


ホースバンドをしっかり締めたら、ブラケットを下から押し上げてボルト孔を合せます。
IMG_0017_202111061748029bd.jpg
+ドライバーなどで孔の位置を合せ、Rサイドからボルトを通します。


ブラケットの水平を見ながらナットをしっかり締付けます。
IMG_0020_202111061737417f9.jpg


位置が決まったら、一旦フィルターを外し、
Oリングにエンジンオイルを塗って本締め。両手でしっかり締め込みます。
IMG_0026_20211106173745b47.jpg


最後に、ガードを取付けます。
IMG_0029_202111061737476ff.jpg

オイルフィルターはエンジンをしっかり守ってくれます。









スポンサーサイト



再 オイルフィルターキットの装着 ②


新しいオイルホースセットが届いたので作業を再開します。
クレージーズの泰山さんが供給してくれる部品は安心して使えます。
IMG_0134_20211105171442cc2.jpg
(既に戻り側のホースのバンジョーは片側を外してあります)


亀裂の入った古いホースと交換しますが、
いい機会なので、このホースの交換はエンジンを移動させないとできない様子を説明します。
写真のように、そのままではバンジョーボルトの頭がミッションにぶつかって外れないのです。
IMG_0145_20211105171443c1c.jpg


やむを得ず、エンジンの固定ボルトを抜いて前に倒します。
IMG_0147.jpg


すき間ができたので、やっとボルトが外れました。
IMG_0150.jpg


新しいホースと交換してボルトを噛ませたらエンジンを元の位置に戻します。
IMG_0154.jpg


ボルトを締めないうちにホースを曲げてプレートの間を通し、先を下方へ向けて位置を決めます。
IMG_0161.jpg


ホースの先端が下方に出ています。
ホースはなるべく長く残した方が後の作業が楽です。
IMG_0162_20211105175115747.jpg




参考
今付いているホースが使える場合にはエンジンを移動させないで済みますが、
ホースの取廻しがちょっと厄介。
エンジン側のバンジョーボルトをできるだけ緩めておくとホースが自由になり取廻しが楽です。
IMG_0023_202111061737427e0.jpg


写真のように曲げてケース後部の隙間を通します。
IMG_0024_2021110617374401c.jpg



バンジョー部分が一体型のホースの場合は金具の根元でホースを切断します。
IMG_0073_20211107102011b59.jpg


このタイプのホースが付いている車両には「Bタイプ」のフィルターキットを選んでください。
(ホースの内径が小さいので、ニップル径が小さいタイプです)
IMG_0072_20211107102010ffb.jpg


次回、フィルターキットを装着します。



















再 オイルフィルターキットの装着 ①

腰下をフレームに搭載するタイミングで、オイルフィルターキットの装着をおさらいしました。

組立完了したクランクAssyです。



フレームの到着まで時間があったので、シリンダーまで組んでありました。
普段は、ピストン・シリンダーはフレームに搭載してから組み込みます 。
IMG_0013_20211031084609838.jpg


フレームに載せる前にオイルホースを付けておかないと後からでは付きません。
オイル戻り側ホース端のバンジョーはフィルターキット装着のために外してあります。
IMG_0014_20211031084610f5c.jpg


フレームを傷めないようにビニールホースで保護しておきます。
IMG_0019_2021103108461293f.jpg


無事腰下を搭載できました。
IMG_0022_20211031084613e73.jpg


Rサイド、ケースとミッションの間が狭く、後からではバンジョーボルトが組めません。
IMG_0068_20211031084618332.jpg


ここから本題!
戻りホースを曲げて、ミッション・ケースホルダープレートの間を通し下方へ向けます。
IMG_0071_20211031084619a17.jpg


後方から見た写真。
かなり曲げるので、ホースが劣化(硬化)していると表面に亀裂が入る場合があります。
今回も亀裂が入りました。
IMG_0063_20211031084615464.jpg

ここで作業を中断し、新品ホースを手配しました。 入荷したらまた進めます。
バンジョーや金具を見ると純正のホースですから、多分新車から替えてないと思います。
当初は使えそうでしたが、作業を進めるうちに亀裂が入ったようです。

これから安心して長く乗って頂くために 「替えましょう!」













オイルタンクの掃除

お陰様で、弊社オリジナル商品「オイルフィルターキット」の注文が増えております。
実際、フィルターを装着すると、オイル交換後、廃油の中の異物や鉄粉は明らかに少ないです。

IMG_0062_20210125155212e65.jpg

IMG_0061_20210125155211eaa.jpg

特に、シリンダーボーリングなどの整備をすると、
ピストンやリングが馴染むまでに新たなスラッジが発生します。
今からスラッジが増えると、クランクは重大なダメージを受ける場合があります。
そのため、エンジンを整備する際には、フィルターキットの装着も一緒にお勧めしております。


写真は、オイルタンク底部に堆積していたスラッジです。
長いドライバーを使ってかき出しました。
IMG_0015_1_20210123160054997.jpg


せっかくフィルターを付けるのにタンクが汚れていては残念ですからね。
IMG_0016_20210123160055ac3.jpg


最後にブレーキクリーナーで洗浄してきれいになりました。
これで当分安心です。
(オイルタンク底部の写真。注油口からライトを入れてやっと撮りました)


50年も経った車に今更フィルターかと思いますが、
エンジンを大切にするには、良質できれいなオイルが不可欠です。





















オイルフィルターキット組付けの様子

オイルフィルターキットを発売して3年以上経ちましたが、これまで組付けの様子をあまり記事にしてませんでした。今回、要所を具体的に写真で紹介します。

キットの中身です。



「戻りホース」のタンク側バンジョーを分解除去するかホースをギリギリのところで切除します。
IMG_0006_20180308093911f73.jpg


エンジン側のバンジョーボルトを緩めてホースが自由に動くようにしておきます。
予めクラッチワイヤーを外し、レバーも逃しておきます。
IMG_0012_2018030809391424c.jpg
隙間を狙ってホースをエンジン後方の空間に通します。(ここが一番大変)


ホースをUターンさせてエンジンとミッションの間を通し先端を下方に向けます。
IMG_0008_2018030809391210f.jpg


先端を引張った状態。ホースがいい位置に収まるように調整します。
IMG_0015_2018030809391727a.jpg


車両底部からのぞいた写真。中央に「戻りホース」の先端が見えます。
IMG_0018_20180308093918c8a.jpg


ブラケットにフィルターを仮組みしておくと持ちやすく後の作業がやり易いです。
IMG_0021_2018030809392078e.jpg


キットの「新規ホース」を長いニップル側に。 下げてきた「戻りホース」を短いニップル側に差し込みます。
IMG_0031_201803080939211d3.jpg
ブラケットを車体に仮組みし、ホースにねじれがない位置を探してからバンドを締めします。
長いニップル側のバンドのネジ部突起がケース後部に干渉しないように向きを調整して本締めします。
フィルターを持上げてボルトを通します。



スケッチは、ニップル長さ決定の時のものです。
竹の子部分(20㎜)が隠れるまでホースを差込むと、ホースとケースの干渉が最小となります。
IMG_0002_20180308102441d28.jpg
スペースがなく、ギリギリ設計になってしまいました。

ホースバンドの締付け、フィルターの本締め、ガードの取付けをお忘れなく。































オイルフィルターキットが2タイプになります。

「オイルフィルターキット」は発売以来、好評を頂いておりますが、
今回2つのタイプに分けることにしました。

本体の構造は同じですが、車体側についている通称「オイルホースセット」のタイプが2種類あるため、両者に対応できるようにしました。


写真は2本とも、エンジンからオイルタンクへ戻る側のホースですが、上は過去に販売されていたタイプ、下は現在販売されている新品です。
IMG_0009_1_2018012414545770c.jpg


両者の違いは両端のバンジョーと金具が非分解式なもの(左)と、分解式のもの(右)です。
IMG_0010_201801241454583fa.jpg


非分解式のホースは硬化していて交換の時期が迫ってますが、中にはしっかりしていてまだ使用に耐えるものもあります。
フィルターキット取付の時は分解できないのでバンジョー根元で切断します。
IMG_0011_20180124145500880.jpg


但し、切断してみると内径がΦ8㎜と現行品のΦ10㎜と比べると2㎜細いです。
IMG_0013_201801241455012c8.jpg


フィルターブラケットを上側からみた写真ですが、左が従来タイプ、右側が非分解バンジョーホース対応タイプです。
(短い方の竹の子ニップルのサイズが異なるだけです)
IMG_0002_201801241526270ef.jpg


エンジンを出たオイルは短いニップルからフィルターに入り、長いニップルからオイルタンクへ向かいます。
IMG_0007_1_20180124190600661.jpg

いずれにしても、車体に付いている戻りホースが硬化していたり亀裂が入っている場合は要交換です。
取付け作業に入る前に、ホースの点検が重要です。

今後、従来型を「タイプA」、非分解バンジョーホース対応型を「タイプB」とします。
現在車体に付いている戻りホースのタイプに合わせてご注文下さい。























オイルフィルターキット ③

肝心なフィルター交換の様子をご紹介します。

初めに、2本のキャップスクリューを緩めてガードを外します。
IMG_0407.jpg

フィルターレンチを使ってフィルターを緩めます。
IMG_0390.jpg


無事に外れました。 オイルは溢れ出ませんが、フィルターの中にはオイルが充満しています。
IMG_0395.jpg


ブラケット側のオイルをウエスできれいに拭き取ります。
IMG_0397_1.jpg


新しいオイルフィルターのOリングにオイルを軽く塗って下さい。
それからブラケットにねじ込んで両手で目いっぱい締付けます。
IMG_0404.jpg


ガードを取り付け、キャップスクリューをしっかり締めて終了です。
IMG_0410.jpg



側面から見た写真です。
IMG_0414.jpg



ちなみに、フィルターはオイルパン下面から約35㎜出ています。
IMG_0420.jpg
縁石を乗り越える時が要注意かも知れません。(汗)






オイルフィルターキット ②

オイルフィルターキット取付けの様子を簡単にご紹介します。
左右ステップ、右側エキパイははすっしておいた方が作業はやり易いです。

エンジン後方下部の取付ボルトを外します。
IMG_0230_20171225140743487.jpg


エンジンオイル戻りホースのバンジョー・ボルトをタンクから外します。
IMG_0238.jpg


バンジョーを緩めてホースから外します。
IMG_0240.jpg


ホースをミッションケースホルダープレートの間を通して下方に向けます。
IMG_7953.jpg


キット付属のオイル戻りホースもプレートの間に差込みます。
IMG_0252.jpg


プレートの間から2本のホースが覗いています。
IMG_0258.jpg


ホースをブラケット側の竹の子パイプに差込みバンドをしっかり締付けます。
長い竹の子にはタンク側のホースを、短い竹の子へはエンジン側のホースを差込みます。
(※ ホースの差込み量は2本とも20㎜を厳守! それ以上差込むとエンジンに干渉して付かなくなります)
IMG_0269.jpg


バンドの締付を確認したら、フィルターAssyを押し上げてエンジンボルトを通して締付けます。
IMG_0273.jpg


オイル戻りホースのバンジョー・ボルトをタンクに締付けて終了です。
IMG_0236.jpg

注) 元々付いていた戻りホースが硬化して亀裂が入っているとチョット大変デス。(汗)









オイルフィルターキット ①

W1用のオイルフィルターキットです。
長いこと試作してきましたが、やっと完成してテスト進行中です。今秋には発売できそうです。


キットは、フィルター・ブラケット・ガード・それにオイル戻りホースで構成されています。



取付位置は、車両の下側、オイルパンの後方になります。 覗かないとチョット気がつきませんネ。 
IMG_0298.jpg


両端のステーをエンジンボルトで締付けて固定、エンジンからの戻りオイルを通過させます。
IMG_0168.jpg


ブラケットからフィルターとガードを外したところです。
カートリッジタイプのフィルターはダイハツ「コペン」用を流用しました。
IMG_0139.jpg

これでクランク内のスラッジの堆積を防げますネ~(嬉)

フィルターの品番
ダイハツ コペン用純正オイルフィルター 品番:15601-97201
ダイハツ コペン用PIAAフィルター   品番:PD3





最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com


当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年以上経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ