FC2ブログ

バッテリー 液漏れ対応 Ⅱ

開放型バッテリーから蒸発した硫酸ガスの威力は強烈で、大概のW1オーナーはマフラーメッキ攻撃の餌食になっていますネ~。
レギュレーターの電圧制御がアバウトなので、過充電気味で蒸気が多いんでしょうネ。
こういうローテクメカの大雑把な作動がWらしくて好きなんですが・・・


写真を探してみたら、浜松クラブの さんの愛車にバッテリー液のキャッチタンクが付いていました。
今更ながら思うんですが、これは積極的な防衛策ですよネ~。
IMG_5831_2015063017441997f.jpg


サイドカバーの下方に固定されてます。硫酸ガスにキッチリ対応・処理されてます。
IMG_5840.jpg


これはもう常識なようで、昨年来社された浜松W1クラブの車両にはほとんど付いておりました。
IMG_0751.jpg


高田会長サンのメンバーへのアドバイスかも知れませんネ。
IMG_0750.jpg


Wを愛する気持ちが強いんですネー。
IMG_0753.jpg
綺麗なマフラーがやられるとほんと泣けます・・・

キャッチタンクの材質を聞き忘れましたが、タンクが溶けたらもっと泣けますネ。要注意!(汗)













スポンサーサイト



バッテリー 液漏れ対応

Tさんの愛車に取付けられていたハリガネ!・・・W1オーナーはピンときますネー。
バッテリーのビニール排気管を地面近くまで導いています。
IMG_2759.jpg


既にマフラーの裏側はバッテリー液でメッキが一部浸食されてますネ~(泣)
ハリガネを取り付ける前の被害でしょう・・・。
IMG_2761.jpg



グッドアイデア!  優れもの ですよねー
「今頃?」と言われそうですが・・・ ぜひ紹介したかったデス! (汗)
IMG_2764.jpg
支持部の処理がにくいですネ~。

ポリ製キャッチタンクの例は次の機会に紹介します。

色々工夫して付けたパーツを見ると、オーナーの愛情を感じますネー。(嬉)














最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ