FC2ブログ

価格・工賃 (税込)


弊社商品をご愛用頂き、また修理サービスをご利用頂きありがとうございます。

創業から10年目に入り、当初に比べ、加工が追加されるなど修理の内容も変化して参りました。
コンロッド小端部ブッシュの入替えやガバナーフック部のレザー肉盛などが上げられます。
これらは追加料金となりますのでご了解下さい。



商品

 オイルフィルターキット             30,000円
 エンジンワッシャーキット              3,000円
 キャブレター取付用薄型ロックナット            800円
 エキマニキット(エラハリ仕様)         60,000円(販売再開)
 ロッカーケース締付ボルトキット        5,000円
 オイル交換棒                 4,000円
 チェーンケース固定ボルト           3,000円


整備
 
 メインスタンド改修(新シャフト付)                   25,000円~

 ガバナーリビルト                                           30,000円~

 ダイナモオーバーホール                                   30,000円~

 キャブレターオーバーホール(左右)                   30,000円~

 クランクオーバーホール(単体)                       118,000円~

 バルブガイド打替え・バルブ整備                       60,000円~

 シリンダー整備(ボーリング・タペット)             40,000円~
  







スポンサーサイト



工賃 バルブ研磨・シートカット

W1ヘッドオーバーホールの要はバルブとシートの気密性を高めことにあります。
相互の荒れた当り面を修復して、パワーの源であるコンプレッションを回復します。

バルブ研磨(フェース面+ステムエンド)

写真は吸気バルブの例。フェース面(シートとの当たり面)が研磨されてキレイに光っています。
中央の曇った部分がシートに当る部分。コンパウンドで摺り合せしてシートと密着させます。
IMG_7117_convert_20121031193609.jpg
※バルブが曲がっていたり磨耗し過ぎていると研磨できない場合があります。


ステムエンドも研磨しアジャストスクリューとの当りを良好にします。
IMG_7123_convert_20121031193757.jpg
両者とも研磨しろは微小! 「焼き」の入っている範囲内での加工になります。


ヘッド側
バルブシートカット+バルブ摺り合せ


写真はヘッド吸気側! バルブシートカット後の状態です。
中央の曇った部分がバルブとの当り面(90度面)。当り幅は外側(120度面)と内側(60度面)のカットで調整します。
IMG_7140_convert_20121031193916.jpg


同じく排気側バルブシートカットと当り面(90度面)の状態。
Wの排気シートは60度面がほとんどありません。いきなりシート内径!
IMG_7142_convert_20121031194048.jpg
※写真のようにバルブとシートの当りが良好なのはガイド入替えによる効果もあります。

工賃 腰下・クランクシャフトOH

クランクシャフト及び腰下のOH工賃は以下のようになります。
(整備の詳細は過去の記事をご参照下さい)

クランクシャフトOH工賃                        118,000円
部品(ニードルベアリング、メクラ)含む


腰下(ケース・クランク)のOHは以下のようになります。
a,ケース・クランクOH(ギヤ・ポンプ無・ベアリング交換)工賃    160,000円
b,ケース・クランクOH(ギヤ・ポンプ付・ベアリング交換)工賃     180,000円
部品代(ケースサイドベアリング)含む
(カムシャフトと各部軸受けをチェックして組立てます)
ご検討下さい。
20110910+009_convert_20111101204053.jpg

工賃 バルブガイド入替えと燃焼室の鏡面仕上げ

バルブガイド入替えと燃焼室鏡面仕上げのお問合せが多いので、詳しい内容をお知らせします。
ご希望の方は「U-CRANK」までご連絡下さい。

バルブガイド入替え
1、新しいバルブガイドはベリリウム銅で製作します。
2、古いガイドを抜き取った後にヘッド孔を測定し、圧入代を加えてガイド外径を決めます。
3、ガイド形状は純正と同一に製作しますが、お客様の希望があれば合ように製作します。
4、ガイド孔はヘッド圧入後に再ホーニングして最終径を出します。(圧入による変形を吸収)
5、バルブシートはガイド圧入後に研磨してバルブの当りを出します。
6、バルブはステムの摩耗が多い場合は要交換です。
  摩耗が少なく再使用できる場合は、傘シート面とステムエンドを再研磨します。
 ※S用バルブ(ステムΦ8)の場合はステムも研磨し、それに合わせてガイド内径を決めます。



             

20110604+024_convert_20110605121736.jpg

バルブ再使用の可否は現品確認後の判断となります。
20110604+020_convert_20111024161559.jpg

燃焼室鏡面仕上げ(左右容積合わせ含)  
20111013+007_convert_20111024172326.jpg



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:
info@u-crank.com



当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ