fc2ブログ

W1S車の腰上整備④

シリンダーとピストンは再度測定し、仕上がり具合とピストン隙間を確認します。
IMG_0083_202404111449266d2.jpg


摺動面はプラトーホーニングされています。
IMG_0084_20240411144929650.jpg


内径はシリンダーゲージで測定。
測定点は、検査表に表示の1気筒あたり6カ所を測ります。
IMG_0087_2024041114492937d.jpg


ピストン外径は、スカート下面から10㎜前後の位置で最も径の大きい部分を測ります。
IMG_0093_20240411144930ee6.jpg


ピストンすき間は、シリンダー内径A-A方向下面の値からピストン径を引いた値となります。
IMG_0011_20240411141312934.jpg
(ピストンスカートはA-A方向の下側に接近)

整理した検査表はお客様に渡します。
IMG_0012_20240411141314cfb.jpg
(スリーブ内径の真円度・円筒度とも良い値だと思います)

最後にタペットを組んで、ボルトのロックワッシャーを効かせます。











スポンサーサイト



W1S車の腰上整備③

ヘッドとシリンダーが上がってきたので作業を再開。

バルブを新品に換えてガイドを製作・打替えました。



吸気側。
IMG_0056_20240405143932c13.jpg


排気側。
IMG_0059_202404051439355e5.jpg


シリンダー合面の歪チェック。
IMG_0033_2024040514392773e.jpg


1カ所だけヘリサートでネジ孔修正。
IMG_0028_20240405143924f17.jpg


Φ8の新品バルブ(リプロ)。
IMG_0038_20240405143930e8e.jpg


シートカットにより当り面は良好。
IMG_0036_2024040514392717d.jpg


車用のステムシールを流用しています。
IMG_0064_20240405143937b3e.jpg


無事組み上がりました。
IMG_0078_20240405143938a27.jpg











W1S車の腰上整備②

ヘッドを外して燃焼室を見ると、

比較的乾いている方ですが、バルブの周りはうっすらオイルが滲んでますね。
IMG_0028_20240317121625222.jpg


ピストンの頭部は、
右サイドは全体が黒くカーボンが付着していますが、
左サイドは半分くらいカーボンがなくて焼けが弱い。(オイル上がり)
IMG_0023_2024031712162394c.jpg


右サイドのピストンも外周はオイルで濡れ始めていますね。
IMG_0025_20240317121623c8e.jpg


シリンダーを外すと、
ピストンスカート部の当りはかなり強いです。
IMG_0035_2024031712162682e.jpg


シリンダーの摺動面も当りが強いですね。
IMG_0038_2024031712162788c.jpg


ヘッドからバルブを外してみると、ポートの中がオイルで湿っており、
バルブステムとガイドの隙間からオイルが出る『オイル下がり』が起きています。
IMG_0062_202403171216296ec.jpg

今回、
①ヘッドは、ガイド孔の中でバルブステムのガタも出ているので、ガイドの打替え
②シリンダーは、オーバーサイズピストンでボーリングすることにしました。














W1S車の腰上整備①


地元のSさんから、綺麗なW1S車の整備依頼を頂きました。
車の調子は悪くないが、少し白煙が出るようになったとのこと。
IMG_0023_2024030810255585b.jpg
(シフトは左チェンジに変更されてます)


始める前に、快晴だったので、朝霧高原まで軽く試運転しました。
IMG_0006_20240308111952fa4.jpg


始動時に少し白煙が出るものの、調子は良いです。
IMG_0010_202403081025500e2.jpg


帰社後、車両をリフトしてヘッド・シリンダーの分解にかかります。
IMG_0002_202403081025476d4.jpg


プラグを外してみると、良い焼けしてますが、L側がちょっと黒い。
IMG_0007_2024030810254933d.jpg




ヘッド・シリンダーの分解にとりかかります。









最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com


当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年以上経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ