FC2ブログ

 「カワサキ W エストレアの世界」誌 発刊

㈱三栄 社から「カワサキ W エストレアの世界」が 発刊されました。
その中に、弊社の事も載せて下さいました。


W1クランク整備の記事の中で、「ベアリングのクリアランスの仕立て直し・・・」とありますが、
少し補足しますと、
摩耗して広がったピンとコンロッドの隙間を僅かに太い新品ニードルベアリングに替えて最適な隙間に調整することを言ってます。


「ストリートバイカー」誌が休刊されて寂しい思いをしてましたが、今度の本では
W1~3シリーズ、W650/800シリーズ、エストレアのことが詳しく記載され、新しい視点を教えてくれてます。

発売間もない新型W800の試乗記を読むとなんか乗ってみたくなりますね~。

是非 本屋さんで手に取ってみてください。






















スポンサーサイト



新年おめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

今年も、「W1の魅力」を更に引出せる整備に挑戦します。

「ユークランク」をどうぞ宜しくお願いします。  植澤

IMG_0060_201801011349578ee.jpg











本年もありがとうございました。

本年も多くの皆様にお世話になりました。ありがとうございました。

皆様良いお年をお迎え下さい。

来年も「ユークランク」をどうぞ宜しくお願いします。




IMG_0037_2017123117301254e.jpg


IMG_0039_2017123117301564b.jpg


IMG_0042_20171231173139e4e.jpg


IMG_0044_2017123117314010c.jpg


IMG_0049.jpg


IMG_0052_201712311731430a3.jpg


IMG_0055_2017123117375898e.jpg













お問合せの返信

IMG_0005_20171203073118031.jpg

IMG_0009_20171203073522305.jpg

IMG_0005_1_20171203073119921.jpg



いつも当ブログを見て頂いてありがとうございます。

W1の整備に関するご依頼やご質問、商品に関する質問などのメールを頂きありがとうございます。
どうぞ気楽にご連絡下さい。。

恐れ入りますが、お返事に少し時間がかかりますのでご了解下さい。

どうぞ宜しくお願い致します。 植澤



















「ストバイ誌」最新号が発売されました。

「ストリート・バイカーズ」誌 最新号(188号)が発売されました。
IMG_0003_20171125111802548.jpg
誌面では、編集長のW3エンジンの整備が進行中ですが、
ユークランクは「腰下」部分の修理をお受けし、その様子を記事に掲載して下さいました。


分解したクランクは、ドライブ側クランクピン外周表面の剥離(疲労破壊)が進行していて修理不能でした。
代わりに、編集長がストックされていた良品クランクの整備となりました。 詳細は本誌をご覧下さい。
IMG_0005_20171125111803fe4.jpg

日頃の整備の様子を丁寧に紹介して頂いてとても嬉しいです。
ありがとうございました。 





















「ストリートバイカーズ」誌

先日 「ストリートバイカーズ」 誌が取材に来てくれました。

その記事が載った最新号が本日届きました。 明日24日書店に並びます。
IMG_0003_20170123174934618.jpg


「Wの魅力は何か?」と聞かれましたが、この質問は難しい・・・
「乗ればわかる・・・」では答えになりません。

 弊社としては、「クランクにあるのではないか?」 と考えています。
IMG_0004_20170123174944d93.jpg

「ノーム・コア」・・・か。
あとは書店で買ってじっくりお読み下さい。(汗)






















2016 新年おめでとうございます。

新年おめでとうございます。
新しい一年、皆様のご多幸と素晴らしいW1ライフを満喫されることを祈念致します。

昨年は多くの方が当ブログを見て下さいました。御礼申し上げます。
ブログから、皆様に年賀状をお送りします。今年の活動の思いを込めました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。 元旦




ちょうど7時 初日の出
IMG_6157.jpg


朝日を受ける富士山
IMG_6162.jpg


12時頃の富士山
IMG_6165.jpg



















ウラウラ・・・

箱根ミーテングが終わてもうじき一週間!
普段の生活に戻ってウラウラしてマス。 「ウラウラ」って・・・マッタリという意味デス。


ミーテングで使ったデスプレーを見ているうちにちょっと書きたくなりました。




今日はリラックスできて、久しぶりにレコードを聴いています。
IMG_1875.jpg



最近トーンアームを整備したレコードプレーヤー「DENON DP-3000」です。 
回転ボタンのランプがいつ見ても懐かしい・・・
IMG_1878_20150515190204c8a.jpg


お気に入りのレコード・・・です!
IMG_1880_20150515190231417.jpg



孫がおりまして、時々お爺ちゃんしてマス。 写真を見てると癒されますネ~!(嬉)
IMG_1879.jpg

変な記事でスミマセン・・・














ミニツーリング

整備したキャブの調子をみるために200㎞ほどのミニツーリングに行ってきました。
友人のMさん(W3)、Tさん(バリオス)、それにユークラのSAの3台です。

富士宮を出発、富士川を渡って松野から由井へ出て、薩埵(さった)峠で休憩。
IMG_0920.jpg


天気が良かったらネ~。
IMG_0921.jpg


MさんとW同士でパチリ。
IMG_0924.jpg


静岡市を過ぎて安倍川を渡ったら、国道362号に入り千頭(せんず)を目指します。
山に入る前に「富沢」の休憩所でMさんとTさんでパチリ!
IMG_0930.jpg
「杉尾」の辺りはかなりの坂道でしたが、Wのトルクで快調に駆け上がりました!
峠を越えると、川根本町に入り一気に千頭まで下ります。


大井川鉄道の千頭駅です。
IMG_0938.jpg


古い列車が静かに佇んでいます。
IMG_0937.jpg


ホームにはSL「C108」が出発を待っていました。
IMG_0941.jpg


ここは何時来ても「昭和の時代」の雰囲気を味わえます。 Wも景色に溶け込んでますねー。
IMG_0947.jpg
この後、大井川に添って「金谷」へ。藤枝バイパスを通って帰路につきました。

無事帰宅。 2台とも、キャブの具合は頗る良かったです。(嬉)







久々の母校訪問

昨日、2年ぶりに母校「東京都市大学 内燃機関研究室」を息子と訪問しました。
チョットですが、研究のお手伝いをすることになりました。

雨の中、水素自動車「武蔵10号」が佇んでいました。


隣接する「水素エネルギー研究センター」です。
IMG_0211.jpg
水素自動車1号が環八を走ってから40年以上経ちました。 これから水素の時代になるのでしょうか・・・。


打合せの後、学食で昼食を食べました。 
IMG_0206.jpg


学食の窓から見た校舎です。
IMG_0207.jpg
卒業してから40年!息子と一緒に訪問するとは思いもよりませんでした・・・。


帰りに当時下宿していた大田区南千束のお宅に寄ってきました。 
改築されて部屋はとっくにありませんが、おばさんは健在です。
IMG_0230.jpg


当時のまんま! 汲み井戸も健在で今も現役で使われてました。
IMG_0232.jpg
隣の家が平屋に建替えられ、また富士山が見えるようになったそうです。
東京は不思議なところデス。







ラビット 90ハイスーパー

ユークラの営業車となったラビット ハイスーパー90 S211A型です。
ステッカーも出来て、元気に近所を跳ね回っております。
残念ながら、「二輪車最大!」といわれたトランクルームにW1のヘッドやシリンダーは納まってくれませんでした。
やむを得ず、荷台にバスケットライドを取り付けて大事に運んでいます。

再メッキのエンブレムが上って来るのが楽しみですネ~。


先日、友人のKさんがラビットのグッズをプレゼントしてくれました。部品交換会で見つけたそうです。
1つは前掛け。 昔酒屋さんや八百屋さんがよくこんな前掛けで仕事してました。
IMG_0130.jpg
当時本当にあったか分りませんが、熱烈なラビットファンが復刻版を作ってくれたのでしょうね。


もう一つは車載用の工具袋です。 両方とも綿を使ってしっかり出来ています。
IMG_0131.jpg
気に入った車やバイクのグッズを手に入れるととても嬉しいですよネ~。(感謝)


そして今日9時半頃の富士山です。北風が強く、頂上では雪が飛ばされています。 
IMG_0146.jpg


富士山を右背にするとユークランクです。
IMG_0152.jpg
近くにおいでの時は是非お寄り下さい!


今日も「朝霧高原道の駅」まで試走してきました。
昨日の雪のせいか、他にバイクはいませんデシタ。(寒)
IMG_0170.jpg


帰りに撮影スポっトでパチリ!
IMG_0176.jpg



最後に、念願のT200のガソリンタンクが手に入り、今日届きましました!(超嬉)
IMG_0159.jpg
もう好き放題して・・・(汗)。
でも、寒い冬は楽しいことを作らないとネ~。















エンブレム

年末から、さ~ ラビットに嵌まって止まりません。

懐かしいエンブレムを手に入れました!
子供の頃はスクーターのことはよく分りませんでしたが、このエンブレムは強く記憶に残っています。
IMG_2693.jpg
デビューした時、ラビットマニアに「どこのスクーターなんだか分らない」と酷評されたという211型! 確かに・・・。 
オリジナルに反するかも知れませんが、ウチに211が来た時からこのエンブレムを付けたいと強く思った次第・・・デス



今となっては貴重なエンブレム。 運よく手に入れることが出来ました!
正確には左右があるかも知しれないけど、これで十分デス!
IMG_2690.jpg
早速、いつもお世話になっているメッキ工房「光沢屋」さんにメッキを依頼しました。 請ご期待・・・!

W1を愛して綺麗にしたい皆さんの気持ちがよ~く分ります(嬉)

ヤレたままが良いのか、ピカピカが良いのか、その時々で心境は微妙ですが、エンブレムは輝いていて欲しいッス。 
エンブレムって不思議・・・。




















本年もありがとうございました。

今日は大晦日! 2014年も終わろうとしています。
皆さん大変ご苦労さまでした。

この一年を振返って、印象的な写真を選んでみました。
やはり、ハイライトは5月11日の「箱根ミーテング」と10月12日の「河口湖ミーテング」ですネ~。
両日とも晴天に恵まれました。

箱根の会場には、早朝から長崎の小林さんがお見えでした!



W1愛好会の高橋会長さんです。
IMG_6193.jpg


ミーテングのスタッフを代表して安池さんです。 みなさんありがとうございました。
IMG_6240.jpg


浜松W1クラブの高田会長さんです。
IMG_6202.jpg


モリヒデオートサービスの森さんです。
コピー (1) ~ IMG_1048_1


「ストリートバイカーズ」誌編集長の安田さんです!
IMG_1070.jpg


箱根 十国峠の会場からは富士山がクッキリ!
IMG_6236_2.jpg


常連若手のお二人!
IMG_1045.jpg


河口湖ミーテングの新人紹介! 美人の新人が二人も・・・ 華やぎましたネ~。
IMG_1067.jpg
今年も大勢の方がミーテングを盛り立ててくれました。

本年もありがとうございました。来年もW1ライフを楽しみましょう!
みなさんいいお年をお迎え下さい。









ラビット301型来社

ラビット ハイスーパー90を紹介してくれた前田さんが愛車で来てくれました。
この301型は一番売れた(?)機種で、最もラビットらしいスタイルをしてますネ~。

前田さんは色々な機種を保有している「ラビットボーイ」っス!


外観はほとんど手を加えていないそうで、昭和の時代からタイムスリップしてきたみたい・・・
とにかく良く走るそうで、元気に帰って行きました。
IMG_2841.jpg

W1と一緒で、その魅力は乗ってみないと分らないみたいです。
ラビットの世界も相当深くて、ハマってしまいそうです。(もうハマってるか)
カテゴリも新設したりして・・・(汗)

昭和に帰ったような、チョット不思議な気分の一日でした。







w1のプラモデル・・・あったんですネ~

机にあるのは、カワサキZ1300エンジンの模型です。 毎日眺めても飽きませんネ~。
5月の静岡ホビーショーで展示されていたモデルですが、どうしてここに・・・?



実は、製作者のF君は母校の後輩で、ショーの帰りに置いていってくれたのです。
IMG_7150.jpg


まさに驚嘆する出来映えです。そのリアルさには言葉を失ってしまいます。
IMG_7154.jpg


F君は自動車会社でエンジンの設計をしてきましたが、模型のキャリアは小学生時代から50年近く。
モデルカーの世界では有名らいしい・・・
IMG_7161.jpg


そんな彼が、ホビーショーでW1のモデルを発見して届けてくれました。(嬉)
とっくに廃盤で、もうクラッシックの部類に入るキットだそうです。あったんですネ~。
W1.jpg
超マニアにじっくり取組んでもらって、完成しらた見せて欲しいと頼みました。


後日、連絡があって、同じシリーズでZ7も見つけたそうです。
Z7.jpg


マッハⅢもありました。
MACH3.jpg

どんなWが出来上ってくるか楽しみですネ~。






静岡ホビーショー 2014

何年ぶりかでホビーショーに行ってきました。
ほんの一部ですが、オートバイとエンジンを中心に見て回りました。



ワークスカラーのCB750。ホイールはキャストですと(汗)
IMG_6565.jpg


エンジンの模型もありました。
IMG_6514.jpg


やっぱ空冷っショ!
IMG_6516.jpg


実働4スト模型エンジン。
IMG_6546.jpg


星型9気筒!(焦)   USM製 99㏄(B23.7×S25㎜) D260 L200 3.5㎏
IMG_6528.jpg


カットモデルもありました。
IMG_6539.jpg


スターター付き・・・だと
IMG_6533.jpg


ランボールギーニのエンジン。
IMG_6568.jpg


最新の模型へりです。
IMG_6542.jpg


Zレストアのジオラマ。
IMG_6552.jpg


・・・
IMG_6559.jpg


LEDを使った間接照明・・・リアル
IMG_6555.jpg


フィギュア
IMG_6560.jpg

探しましたが、W1の模型は見つけられませんでした。
もうマニアのパワーに圧倒されました。・・・(疲)









「ヴィンテージバイク W1」誌

ネコパブリッシング社から「ヴィンテージバイク w1] が出版されました。(9/3)
オーナーが挑んだw1のフルレストア! 全ての整備がマニアの視点で記載されています。
IMG_2254_convert_20130904103640.jpg


定価4,980円(税込)と高価ですが、w1オーナーにとっては永久保存版になるでしょう。
これから始まる秋の夜長、毎晩読んでも追いつかないでしょう~ネ。
IMG_2238_convert_20130904104108.jpg


企画・編集は「リブビット・クリエイティブ」の野澤一幸さん。
名車のメカニズムを丁寧に解説してくれます。新たな視点でw1の魅力が伝わってきます。
若い時に乗っていたWとの再会、今回の企画でWへの思いがより強くなったと言います。
IMG_2270_convert_20130904103937.jpg


超ベテラン、『箱根峠の雷仙人』酒井章光さんと長野W1倶楽部の大塚甚造さんのアドバイスも心強いです。
本書を通して「W乗り」が増えるといいですネ~。
IMG_2258_convert_20130904103806.jpg


ユークランクも取材に協力させて頂きました。
多くの方がW1の魅力を感じてくれると嬉しいです。
IMG_2230_convert_20130903164341.jpg








水素エンジンのパイオニア

母校、東京都市大学の先輩、山根公高先生が退任され、先日最終講義がありました。
教え子や先輩、後輩、関係者が大勢集まりました。
前列の青いTシャツが山根先生です。



恩師の古濱庄一先生と1970年に水素エンジンの研究をスタートし、1992年から水素エネルギーセンターを立ち上げました。
3_large_convert_20130402160436.jpg


水素ポンプ、噴射弁、コモンレールジーゼルエンジン等々・・・水素エンジンの開発に尽くしてこられました。
20110618+004_convert_20130402164518.jpg


写真は、Z32水素自動車『武蔵8号』デス。
各地に水素ステーションが建設され、燃料電池車がもう一息のところまで来ています。
水素エンジン車はどう進むのでしょう・・・
20110618+012_convert_20130402194257.jpg
先生大変ごくろう様でした。今後のご活躍を期待します。

『別冊オールドタイマー』誌の記事

「別冊オールドタイマー」誌がユークランクを取材してくれました。(八重洲出版)
3月21日発売の№5号、組立てクランクの特集に載せて頂きました。
自分のやっていることを多くの人に知ってもらうのは嬉しいですネ~。



有名な「井上ボーリング」さんと併載、とても光栄です。
IMG_0111_convert_20130322120002.jpg


記者の日暮さんに徹底的に取材されました。
さすがプロの文章は簡潔・明瞭! 私の言いたいことを全て書いてくれました。
IMG_0109_convert_20130322120311.jpg
今号はクランク特集の「前編」。次号の「後編」も今から楽しみですネ~。
よかったら書店でお求め下さい。(1,400円+税)

「モトメンテナンス」誌

「モトメンテナンス」誌に「ユークランク」を掲載して頂きました。
2月16日発売の記念すべき100号に載せて頂いてこの上ない光栄です。
関係者の方々に深く感謝申し上げます。


特選ショップ紹介欄(p154)に弊社の業務内容を詳細に書いて頂きました。
さすがプロの文章は違います。私の言いたいことを簡潔・明瞭に書いて下さいました。
よろしければ書店でお求め下さい。
20120217+005_convert_20120217090205.jpg

新年おめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
U-CRANK 代表の 植澤 勉 (ウエザワ ツトム)です。
いつもブログを見て頂いてありがとうございます。
今年もw1を元気にしながら、興味深いエンジンのお話も紹介していきます。
今年は龍年! 私の年デス! 全開で頑張龍(リュウ)ゾ~・・・(汗)
どうぞよろしくお願い致します。


元日の富士山
20120101+009_convert_20120101101715.jpg

エンジンの教科書

2002年に亡くなった恩師、古浜庄一先生の遺稿がまとめられ、11月30日に「内燃機関」として出版されました。
先生は、エンジンの進化と興味深いメカニズムを多くの人に解り易く伝えようと最後まで推敲を重ねられたそうです。
古浜先生の業績は「ピストンリングの潤滑理論」や「水素エンジンの研究」などでよく知られていますが、その研究スタイルは『起きている現象を装置を作って実測し、そのデータに基づいて理論を構築する』というものでした。
本で紹介されている独創的な実験装置や得られたデータを見ると、困難な問題を科学的に解明しようとする研究者の強い執念が伝わってくるようです。
東京電機大学出版局 (3,800円+税)


母校の研究室では・・・

この週末、1年ぶりに母校(東京都市大学)内燃機関研究室に行ってきました。
写真は実験棟と歴代の「水素自動車」。



水素燃料で運転中のトラック用コモンレールエンジン。水素の噴射弁のテストとのこと。
特殊なセンサーは今でも学生の手作りだそうだ。



エッ!?   学生を指導している白衣の女性は・・・・さっき2階で会った「しょこたん」似の卒業生?

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ