FC2ブログ

11万km走行w1SAクランクのOH②

ドライブ側クランクピン
表面に剥離は見られないがニードル転動面は少し茶色に変色している。
他のクランクと比較すると、変色の度合いは強い。


タイミング側も同様のレベル。
ニードル転動部から上側に少し離れた線はサイドワッシャーの内角が当った傷跡。運転中のクランクのストレスの強さが推測される。その上の線はバランサーとの圧入の境い目。
2つの線はすべてのクランクで見られ、このレベルでは問題にならない。


対するコンロッドの内面。
剥離はないが、クランクピン同様に内面のニードル転動部は少し変色している。


ニードルベアリング。
ニードル表面の当りも強い。

スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ