FC2ブログ

クランクのバランス率 Ⅳ

バランス率を計算する上でコンロッドの小端部重量を測ることが必須になります。
正確に測る方法は後で紹介するとして、ここでは写真のように簡単に測る方法でやってみます。
精度は低いものの、クランクに組まれたままでも測定できます。あくまで簡易的!
20111130+024_convert_20111130184718.jpg

秤(ハカリ)の中央にコンロッド小端部を乗せて、コンロッドが水平になるように秤とクランクの高さを調整します。
大端にも・・・じゃなくて大胆にも、2気筒を同時に測りました。(汗)
左右小端部の重量は合計で355.7gということになります。
(左右の重量は多少違っています)
20111130+026_convert_20111130184847.jpg

ピストン・リング・ピンの合計重量は片側で334,7g、左右多少のばらつきがありますがほぼ同一です。
ここでは純正のSTDピストン。(OVサイズは少し重い)
20111130+028_convert_20111130185002.jpg
バランスウエイトは前に測ってあって左右合計で352g、これで計算できますネ!
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ