FC2ブログ

腰下(ケースとクランク)のOH ⑤

エンジンの腰下を構成するのはクランクシャフトとクランクケース !!         
クランクと共にケースの組立ては細心の注意が必要です。

w1のように、クランク両端軸受けのタイプではベアリングに大きな負担がかかります。
運転中のクランクの変形も受け止めなければならず、w1の歴史の中でベアリングは何回か仕様変更されています。
開発資料を見ると、最終仕様に落着くまでの苦労は大変なものがあったようです。

結果について評論するのは簡単ですが、クランクの変形を吸収することを考えると、
ドライブ側もしかるべくしてボールベアリングになったと思います。
しかも、最終型はベアリングホルダーまで廃止して見事です。
DSC00152_convert_20120128181136.jpg

両サイドのベアリングはケースハウジングの変形や締代をチェックして慎重に圧入します。
タイミング側は両側からプレートでしっかりホールド!


ケースへの組立ては、まずクランクをタイミング側に圧入します。
そしてカムシャフトをセットします。忘れたら悲劇ですネ。
軸受けには油を忘れずに!(カムに着いている赤いものはグリース状の組立てオイル)
DSC00154_convert_20120128181215.jpg

ケース合面に液体ガスケットを塗ってドライブ側をはめ込み、締結ナットを均等に締め付けます。
ケースを正立にし、組立て冶具でクランクが軽く回転する位置を探します。
DSC00157_convert_20120128181733.jpg
無事に腰下が組み上がりました。クランクの回転も軽いです。(嬉)
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ