FC2ブログ

W3の整備②

傷んだピストンはオーバーサイズの新しいピストンに換えます。
シリンダーはボーリングして新しい真円の摺動面を造り込みます。
このシリンダーは既に0.5OVとなっており、2度目のボーリングをすると1.0OVとなります。
今回はボーリングしてもキズが深くて取り切れない心配があったので、シリンダーも交換することになりました。
写真はボーリングを済ませて組み込んだところです。
ピストンは社外品を使用しました。実績あるシフトアップ製です。クリアランスは指定の65μmにとってあります。
DSC00279[1]_convert_20120329214216

シリンダーを上から見た写真。
ピストンの頭部は全加工されていてとてもきれいですネ。
鋳肌に比べ頭部の表面積が小さくなって燃焼で受ける熱も僅かに少なくなります。
書いてある数字はボーリングの時の左右識別のためのものです。それぞれのピストン径に合せて隙間を取ってあります。
摺動面は当然ながらプラトーホーニングで仕上げました。リングとも短時間で馴染んでくれます。
DSC00280_convert_20120329221753.jpg
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ