FC2ブログ

トライアンフのクランク

イギリスの名車 “トライアンフ” クランク整備の依頼がありました。
TR6 Trophy 649㏄ 1968年製のクランクです。
一体クランク、アルミコンロッド・・・W1とは大分様子が違いますネ。
IMG_7265_convert_20121127184150.jpg

コンロッド本体はアルミ鍛造製! キャップは鉄鍛造製! 他にあったっけ?思い出せない・・・
有名なE.ターナーの設計(1937)、柔軟な発想というか 合理的というか・・・天才ですネ。
ドライブ側はローラーベアリング、タイミング側はボールベアリングでケースに保持されます。
IMG_7271_convert_20121127184851.jpg

コンロッドを外した状態、大端部はメタル軸受けです。
クランク中央にドーナツ状のフライホイールが圧入され3本のボルトで固定されています。
このフライホイールは頼もしいですネ~(ッ)!
IMG_7259_convert_20121127185016.jpg

独創的なコンロッド!
クランクピンを研磨し、新しいメタルを組んで隙間調整しました。
小端ブッシュも入替えました。ピストンピンとシックリです。
IMG_7262_convert_20121127185203.jpg
このクランク、どんな走りをしてくれるのか楽しみですね~。
「オートレース」トライアンフ全盛期だった頃のT120を思い出しました。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ