FC2ブログ

ニードル破損

このところ続けて、破損したクランクの修理依頼がありました。
どちらかのコンロッドがガタガタ! 
分解してみると、ニードルが四角に変形し、ケージは大端部内面に張付いています。

幸い、転がり軸受けは破損してもロックしにくいのでしょう。止まるまで何とか回ってくれる・・・
今のところ、完全ロックしたクランクは見たことがありません。

ピン側も大きく損耗してます。 サイドワッシャーもゴリゴリ・・・外れません。
IMG_0474_convert_20130530172446.jpg
生産から45年近く経過し、疲労破壊するクランクが増えてきています。


一見正常なクランクでも小さな剥離が発生している場合があります。
ここを起点として破損へつながるのでしょう。
IMG_0750_convert_20130530173402.jpg
兆候はあるはずで、早期に気付けば大事に至らない・・・ですが難しい。


見落としてしまいそうな微小な剥離もあります。
転動面に小さな点が3つ・・・ どのクランクもこの辺りに発生します。
IMG_0744_convert_20130530172959.jpg

まだしばらくもつかも知れませんが、このまま組むことはできません。
必ず大きな剥離に成長するからです。
IMG_0747_convert_20130530173212.jpg
分解のたびに剥離がないのを祈るばかりです。
スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ