FC2ブログ

ダイナモの整備

W1デモ車のダイナモをOHしました。
ダイナモをエンジンから取り外すには、まず配線類を外しエンジンブラケットのボルトを緩めます。
Yカバーを外して駆動用のチェーンとスプロケットを外し、クランプバンドを緩めて左サイドへ抜取ります。
ダイナモ本体は2本のボルトを緩めるとすぐに分解できます。先に4個のブラシを外しておきます。
ローター両端のベアリングはシャフト側に付いてくるので、後でプーラーで抜取ります。
IMG_2585_convert_20130927090635.jpg

心配していたコンミュテーター(commutator:ローター側の電気接点)の偏磨耗がなくてホッとしました。
テスターで導通と絶縁をチェック。今回は正常でした。
コイルが断線している場合は、専門の修理屋さんに依頼することになります。
コンミュテーターの溝を掃除して表面をサンドペーパーで軽く磨きます。
IMG_2597_convert_20130927091030.jpg

これは磨耗した別固体のローター。
こうなると再生はチョッと大変デス。
IMG_2689_convert_20130927091416.jpg

部品の手入れ・洗浄が済んで、これから組立てるところです。
ベアリングとブラシは新品に交換します。
IMG_2595_convert_20130927090750.jpg

本体組立後、ブラシを注意深く組付けて完成です。
IMG_2637_convert_20130927091125.jpg
車両に搭載し、しっかり発電されていることを確認しました。
スポンサーサイト



今日の富士山 '13. 9. 27

今朝6時の富士山です。
気温は20℃を切って肌寒くなりました。
今日は快晴! 右手から日があたってきます。

今日の富士山 '13. 9. 21

昨日から快晴!
里帰りしたデモ車で久しぶりに走ってきました。
エンジンは調子を保ってました。アイドリングも落着いてます。振動も心地よいレベル。
但し、ダイナモがくたびれて来ていて、発電がチョッと弱い。
ダイナモOH前に朝霧高原を試走してきました。

45歳の旧車ですが、マイナーな部分を直してやると、この車の醍醐味がよく感じられます。(やっぱ連桿比:4.19のお陰かしら・・・)
多くのWが生存し、愛されているのがよく解りますネ~。(嬉)

今日の富士山 '13. 9. 16

台風一過、夕方6時前の富士山です。
富士宮市は夕べから強い風雨に見舞われました。
今朝8時頃がピーク、徐々に風も弱くなり、昼前には静かになりました。
台風一過、午後から麓の方から見えてきて、夕日にはくっきり夕日に浮かびました。
『秋の日はつるべ落とし・・・』 日が傾くとアッと言う間に暗くなってしまいます。

夕方のチョイ乗りは十分気をつけて下さい。

今日の富士山 '13. 9. 12

今朝の富士山! 5:40頃の写真です。
朝晩大分涼しくなってきました。秋の気配が日に日に深くなっていきますネ。

『W1河口湖ミーテング』は10月13日(日)。あと1ヶ月ですネ~。楽しみ!!

「ヴィンテージバイク W1」誌

ネコパブリッシング社から「ヴィンテージバイク w1] が出版されました。(9/3)
オーナーが挑んだw1のフルレストア! 全ての整備がマニアの視点で記載されています。
IMG_2254_convert_20130904103640.jpg


定価4,980円(税込)と高価ですが、w1オーナーにとっては永久保存版になるでしょう。
これから始まる秋の夜長、毎晩読んでも追いつかないでしょう~ネ。
IMG_2238_convert_20130904104108.jpg


企画・編集は「リブビット・クリエイティブ」の野澤一幸さん。
名車のメカニズムを丁寧に解説してくれます。新たな視点でw1の魅力が伝わってきます。
若い時に乗っていたWとの再会、今回の企画でWへの思いがより強くなったと言います。
IMG_2270_convert_20130904103937.jpg


超ベテラン、『箱根峠の雷仙人』酒井章光さんと長野W1倶楽部の大塚甚造さんのアドバイスも心強いです。
本書を通して「W乗り」が増えるといいですネ~。
IMG_2258_convert_20130904103806.jpg


ユークランクも取材に協力させて頂きました。
多くの方がW1の魅力を感じてくれると嬉しいです。
IMG_2230_convert_20130903164341.jpg








最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:
info@u-crank.com



当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ