FC2ブログ

W1キャブレター フランジ面の修正 ②

キャブ側のフランジ面を修正したので、今日はW3でヘッド側の修正とキャブ取付けをやりました。
気になっていた部分でしたので、今回しっかりやってみました。 


ヘッドからキャブを外し、ダブルナットをかけてフランジ面からスタットボルトを抜きます。
IMG_0329.jpg


ポートに詰物をして、フラン地面に砥石をかけて平面を出します。
IMG_0334.jpg


面が出たら、スタットボルトを戻します。
IMG_0338.jpg


今回、断熱ベーク板とガスケットを新品にしました。ガスケットはしっかりしたものがいいデスネ。
IMG_0340.jpg


ベーク板を挟んでガスケットを2枚使います。
IMG_0342.jpg


キャブを取り付ける前に連通パイプも点検し、ヒビがあるものは新品にします。バンドもしっかり。
IMG_0343.jpg


山之内さんの方法に習って、Oリングは使いません。 そのためにガスケットを挟みます。
IMG_0344.jpg
Oリングがキャブ変形の原因になるのは確かですネ。 今回は外してみました。


キャブの締付けナットは薄型のUナットを使いました。(弛む心配がないので締めすぎない)
IMG_0345.jpg


無事キャブが付きました。 エアクリーナー、燃料ホースを付けて完成です。
IMG_0347.jpg
スロットルを組んだら、必ずアクセルを全開までひねってスムーズに開閉するか確認してください(最重要 !!)


試運転で、アイドリングが安定するのを確認できました。(嬉)
IMG_0351.jpg
正常でないところからエアーを吸わせない手当てが大事ですネ。
手を入れてやると、キャブはまだまだ応えてくれますよ~!

低速の安定は、点火(ガバナー)と混合気(キャブ)両方の安定が必要ですネ。

















スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ