FC2ブログ

ノッキングによるダメージ


修理依頼を頂いたお客さまのヘッドです。

ヘッド面中央部吸気側にノッキングによる強いダメージがありました。
ガスケットのビード痕に沿ってアルミが剝ぎ取られたように窪んでいます。
IMG_0010_1.jpg


ノッキングのダメージは点火プラグから遠くて高温になる部分に発生しますから、
プラグの反対側、冷えにくいプッシュロッドのトンネル付近、まさにその辺りですね。
IMG_0017_1.jpg


黒い部分は特にダメージが大きく、繰り返しノッキングで攻撃されたのでしょうね。
IMG_0028_1.jpg


通常、プラグで点火された炎は順次広がって全体が燃えますが、ノッキング発生の条件が揃うと、
プラグから遠い未燃ガスは圧縮され、発火温度に達すると勝手に燃えるんですね。
(低速高負荷時は燃焼行程の時間が長く、エンドガスは炎を待たずに発火しやすい)
IMG_0013_1.jpg


プラグに近い部分ではノッキングのダメージはほとんど無いですね。
IMG_0033_1.jpg


ノッキング」 とは異常燃焼のことで、混合ガスがプラグの炎が届く前に勝手に発火する現象です。
低速高負荷、過早点火、高温の条件が嚙合うと混合ガスが自発火するんですね。(ガスの薄過ぎも原因の一つ)
もう、「燃焼」というより「爆発」的にガスが燃えますから、短時間で超高圧になります。
繰返し高圧波を受けると、燃焼室壁面を保護している「静止層」が破壊され、高温に曝されてでダメージを受けるわけです。
ガソリンエンジンの「癌」と言われています。

ノッキングが起きる位のセッテングは、エンジンの性能を発揮してくれる領域に入っているということですが、
大事なのは、ノッキングが起きた時に、早く回避する算段を取ることです。
ノッキングが長く続くことがダメージにつながります。

写真のヘッドは相当なダメージを受けてますが、それまでの間エンジンは高性能な走りをライダーに提供してきたのでしょうね。

W1の場合、ノッキングの原因はガバナーの暴走進角が一番考えられますが、
起きたら、アクセルを緩めるとか、シフトダウンで回転を上げるかして、長くノックさせないことが大切ですね。

「ノックは3回」・・・なんてネ・・・(汗)




























スポンサーサイト



価格・工賃 (税込)


弊社商品をご愛用頂き、また修理サービスをご利用頂きありがとうございます。

創業から10年目に入り、当初に比べ、加工が追加されるなど修理の内容も変化して参りました。
コンロッド小端部ブッシュの入替えやガバナーフック部のレザー肉盛などが上げられます。
これらは追加料金となりますのでご了解下さい。



商品

 オイルフィルターキット             30,000円
 エンジンワッシャーキット              3,000円
 キャブレター取付用薄型ロックナット            800円
 エキマニキット(エラハリ仕様)         60,000円(販売再開)
 ロッカーケース締付ボルトキット        5,000円
 オイル交換棒                 4,000円
 チェーンケース固定ボルト           3,000円


整備
 
 メインスタンド改修(新シャフト付)                   25,000円~

 ガバナーリビルト                                           30,000円~

 ダイナモオーバーホール                                   30,000円~

 キャブレターオーバーホール(左右)                   30,000円~

 クランクオーバーホール(単体)                       118,000円~

 バルブガイド打替え・バルブ整備                       60,000円~

 シリンダー整備(ボーリング・タペット)             40,000円~
  







1キャブヘッドのネックと修理加工

1キャブヘッドの、いわゆる元祖「W1」は根強い人気がありますね~。
フィンの形状が良くて、キャブも調整し易く、何よりメグロK1・2に近い柔らかな走行フィーリング。
W1を愛するオーナーも多いようです。

そんなオーナーのKさんから、最近、白煙が出始めたとの相談がありました。

ヘッドを分解してみると、Lサイドの燃焼室が湿っています。
IMG_0001_2.jpg


特に吸気バルブ周りからはオイルが滲んでいますね。
IMG_0003_1_20170314180523ae2.jpg


バルブ周りを分解すると、ガイドの周りにクラックが入ってました。
ヘッドのオイルがここから吸われて「オイル下がり」を起こしたのが原因ですね。
IMG_0009_1_2017031418052425a.jpg


これは別ヘッドの写真ですが、レッドチェックでRサイドのクラックが入っている様子が分ります。
IMG_4702.jpg
これは、1キャブヘッドには良くあるトラブルで、困ってるオーナーの方が多いです。


この部分の肉厚が薄いのでしょう・・・L,Rどちらかのサイドで発生します。
IMG_4700.jpg
ガイドを抜いて溶接修理を試みましたが、患部にトーチが入りきれず、うまくいきませんでした。


何とか直そうとトライの末、写真のような「つば付きカラー」を嵌め込む方法に行きつきました。
IMG_0008_1_20170314180856ac3.jpg


ポート側から見ると、ガイドの周りのカラーがかすかに確認できますネ。
IMG_0011_1.jpg


実際に走って確認したところ、大丈夫でした。
IMG_0006_1.jpg

加工はかなり大変ですが、ヘッドが復活するのはとても嬉しいですネ~。



















最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:
info@u-crank.com



当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ