FC2ブログ

メグロ Z7 腰下整備 Ⅴ

Z7のオーナーからお借りしたピストンリングは古くて希少なので調べてみました。
「エンジンの進化はピストンリングの進化」と言われるので、リングが50年の間にどう進化したのか大変興味深いです。



Z7の2セットのリングのうち、
1つは、合口が斜めなタイプで、合口からのガス漏れ減少を狙ったものです。(STDサイズ )
現在は直角なタイプがほとんどですが、大型エンジンなど一部では現在も採用されているようです。
各リングの寸法を表にすると、
                   (mm)
RINGB寸T寸
TOP3.23.3
2ND3.13.4
OIL5.03.4





もう一つは合面が直角なタイプ(サイズは0.5OV )
                   (mm)   
RINGB寸T寸
TOP3.13.4
2ND3.13.4
OIL5.03.5

IMG_0011_1_20190214140922420.jpg

2セットのリングは、B寸法・T寸法ともほぼ同一ですから、当時の一般的な形状なのでしょう。
張力は測れませんでしたが、とにかく強いです。



現在のリングと比較するために、SR400(Φ87)のピストンリングを測ってみました。
オイルリングは3FLXタイプのレールとエキスパンダーの組立タイプです。
(最新のタイプと一緒かは確認していません)

                   (mm)
RINGB寸T寸
TOP1.23.4
2ND1.53.5
OIL2.83.4

IMG_0008_1_20190214141731c0b.jpg


Z7のリングに対してSR400のリングを比べると、

①TOP・2ND・OILリングとも、B寸が1/2~1/3になった。T寸はあまり変わっていない。

②上記各リングの張力は大幅に弱くなった。

③オイルリングは組み立て式になった。

などです。














スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ