FC2ブログ

サージング?

今日12月27日、11時頃の富士山です。
朝は雲がかかってましたが、快晴になりました。 北風が強く、頂上は吹雪いてました。




修理に入ったヘッドです。
いつ頃のものかはわかりませんが、
ガイドの形状と組まれたヘリサートの様子から、弊社で整備したヘッドと判断できます。

ドライブ側吸気バルブのトップが笹くれ立っています。
IMG_0006_3_20191227172137516.jpg



別方向から見た状態。
IMG_0008_3.jpg


コッターを外すと、スムーズにスプリングが外れました。
IMG_0009_1_20191227172223eae.jpg



バルブは動くので、笹くれ部分を削り取り、ガイド孔を傷めないようにバルブを抜きました。
タイミング側排気バルのトップもわずかに笹くれ立っていました。
IMG_0019_1_20191227172955103.jpg


幸い、バルブステムは曲がっておらず、ガイドにダメージはありませんでした。
IMG_0032_201912271723542d2.jpg


シートの当り幅も広がっておらず、バルブ交換と軽い摺合せで済みそうです。
IMG_0023_1.jpg

原因を想像するに、
急に起きた様子ですから、過回転でバルブがサージングを起こしたのではないかと思います。
ロッカーアーム側アジャストスクリューの頭にはダメージは無いので、隙間が広過ぎた様子はありません。
もし広過ぎていたら、早くから異音に気づくと思います。
初めての経験ですので、正確なところは分かりません・・・










スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ