fc2ブログ

エンジンスプロケット周りのオイル漏れ ①

お預かりしたW1・W3の車両を整備前にチェックすると、
リヤチェーンの辺りからからオイル漏れしている車両が多いです。

チェーンケース後方、リヤチェーンのハウジンングを下方から覗いた写真。
IMG_0046_20210729183213166.jpg


チェーンカバー、チェーンを外すと、中は油の泥でいっぱいです。
IMG_0029_20210729185655b64.jpg


フロントチェーンケースを外してみると、エンジンスプロケット周りは油まみれ。
IMG_0030_20210729185657128.jpg


別の車両でも同様な状態です。
IMG_0040_2021072918570046f.jpg


チェーンケースのリヤ側の内部。 泥は遠心力で外側に張り付いています。
IMG_0046_1_20210729181658df8.jpg


このオイルはどこから漏れているのか?
IMG_0040_1_2021073006104973d.jpg


別の車両のスプロケットも同様。 
IMG_0049_20210729181659367.jpg
(歯も摩耗していて・・・もう替え時ですね)


オイルで汚れている車両は、大概30m/mナットが緩くセットされていて、
スプロケットはミッションのシャフトに対しガタがあるように組まれています。
IMG_0024_20210729181646832.jpg
(この方がシフトフィーリングが良いと古くから聞いてましたが・・・)


ナットを外しスプロケットを取り出して裏側を見ると、全方位オイルが外に向かって漏れ出ているようです。
これはもうミッションオイルがスプラインの隙間を通って漏れ出ているんですね。
IMG_0030_1.jpg

オイル漏れは嬉しくないので、ナットをちゃんと締めるしかないでしょうね。


















スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com


当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年以上経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ