fc2ブログ

再 オイルフィルターキットの装着 ①

腰下をフレームに搭載するタイミングで、オイルフィルターキットの装着をおさらいしました。

組立完了したクランクAssyです。



フレームの到着まで時間があったので、シリンダーまで組んでありました。
普段は、ピストン・シリンダーはフレームに搭載してから組み込みます 。
IMG_0013_20211031084609838.jpg


フレームに載せる前にオイルホースを付けておかないと後からでは付きません。
オイル戻り側ホース端のバンジョーはフィルターキット装着のために外してあります。
IMG_0014_20211031084610f5c.jpg


フレームを傷めないようにビニールホースで保護しておきます。
IMG_0019_2021103108461293f.jpg


無事腰下を搭載できました。
IMG_0022_20211031084613e73.jpg


Rサイド、ケースとミッションの間が狭く、後からではバンジョーボルトが組めません。
IMG_0068_20211031084618332.jpg


ここから本題!
戻りホースを曲げて、ミッション・ケースホルダープレートの間を通し下方へ向けます。
IMG_0071_20211031084619a17.jpg


後方から見た写真。
かなり曲げるので、ホースが劣化(硬化)していると表面に亀裂が入る場合があります。
今回も亀裂が入りました。
IMG_0063_20211031084615464.jpg

ここで作業を中断し、新品ホースを手配しました。 入荷したらまた進めます。
バンジョーや金具を見ると純正のホースですから、多分新車から替えてないと思います。
当初は使えそうでしたが、作業を進めるうちに亀裂が入ったようです。

これから安心して長く乗って頂くために 「替えましょう!」













スポンサーサイト



最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市
外神(とがみ)1552-1

代表 植澤 勉

【アクセス】
電話: 090-1863-8414
FAX: 0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com


当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。

従来困難とされてきたクランクシャフトも全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。

W1は製造されてから既に40年以上経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。

お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ