スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

44th 東京モーターショー 2015 ③

トップリング(B寸)は薄くなる方向ですが、今のところ0.8㎜がミニマムだそうです。
今回の展示では、オイルリングのフリクション低減・オイル消費低減のアッピールが多かったです。
IMG_5318_20151108085200591.jpg


トップリングの形状と表面処理の例。
IMG_5195.jpg


ドイツ 「マーレ」社のピストンです。 世界№1のピストンメーカーですね。
スカートが非対称に出来てますネ~。
スラスト側を狭くして肉厚を上げた方が強度が上がるんだそうです。 フリクションを減らすも目的も・・・
IMG_5189.jpg


こんな解説がありました。
IMG_5193_20151108192439ac3.jpg


ターボ用のピストン。
クーリングチャンネルにオイルを流して温度を下げている。 トップのリング溝も・・・
IMG_5191.jpg


日本ピストンリングの「デンプルライナー
シリンダーは表面を凸凹にしてやはりフリクションを減らす・・・
IMG_5312.jpg


中央部がデンプル処理。 ゴルフボールのように、しかも微小な凹みを形成。 
IMG_5315.jpg


これは中空バルブ。今も液体ナトリウムを入れているかは未確認です。
IMG_5200.jpg


ミクニのブースで見つけたスロットルボデー。
スロットルバルブをモーターで開閉します。
IMG_5329.jpg


スロットルグリップからは電気配線のみでワイヤーが出ていません! 
IMG_5328.jpg
意地悪して、急に開けてもちゃんとついてくる・・・当然かぁ。  なんか新鮮デシタ。



もう帰る時間だけど、
旧車を見るとホッとしました。 名車 Z1
IMG_5267.jpg


極めつけは、いすゞの古いトラックと美人なお姉さん!
IMG_5301.jpg
旧車部品は当時物がいいですが、お姉さんは現代版がイイですネ~。(汗)


どこにあったのでしょうね~。 きれいにレストアされて・・・
IMG_5302.jpg


運転席ものどかですね~。
IMG_5304.jpg



W1関係は全く期待してませんでしたが、 ありましたー!
蔦谷(つたや)書店の休憩エリアで見つけました! 野澤一幸さんの本です。
IMG_5346.jpg


野澤さんはW1乗りではありますが、車の本の編集が長くて何冊も出しています。
スーパーカーのエンジンとボデーを写真でねちっこく隅々まで紹介してくれます。
IMG_5347.jpg


一度書店で開いてみて下さい。 引き込まれますよ・・・。
IMG_5348.jpg


旧車とは真逆の光景でしたけど、 乗物は楽しい!
2年後のモーターショーではどんな車を見せてくれるのでしょう。
温故知新・・・ 逆も真なり。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。