スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントチェーンケース・ミッションからのオイル漏れ Ⅰ

フロントチェーンケース裏側からのオイル漏れを経験した人は多いと思います。
どこから漏れているか特定できないのが癪ですが、ミッション下部から滴が落ちて床を濡らします。

床が汚れるのは嬉しくないので、速やかにしっかり治しましょう。


オイル漏れの原因はシールの劣化がほとんどですが、他にもないかよく探りながら分解していきます。
IMG_5813.jpg


フロントチェーンやクラッチの分解は次の機会にまわして、どんどん分解します。
IMG_5821.jpg


フロントチェーンケースとミッションには3種類のオイルシールが組まれています。

①シールプレートを外すと角断面の「フロントチェーンケースシール」が見えます。
IMG_5822.jpg


②シールプレートに圧入されている「TC26388オイルシール」 (写真では裏面)
IMG_5824.jpg


③ミッションメインシャフトの「SC405465オイルシール」
今回はこのオイルシールが原因でした。 オイルが垂れているのが見えますね。
IMG_6059.jpg


チェーンケース側に漏れたオイルが溜まっていますね。
IMG_6065.jpg
これでは、走っていると背中がオイルで汚れる~。


このオイルシールは、先にカラー(エンジンスプロケットスペーサー)を外せば容易に抜取れます。
カラーは外周を痛めないように外すことが大切。
IMG_6067.jpg


オイルシールを抜いてみると、リップに異物が張付いて隙間ができてました。そこからオイルが出ていたんですネ。
リップは傷んでないけど・・・あまり経験したことがないトラブルですネ~。
IMG_6073.jpg
この異物は何? 金属ではないので・・・シールの残骸? 












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。