スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連桿比(コンロッドの長さ)

ストバイ」誌の取材を機にW1のクランクについて見直してみました。
取材で言い足りなかった事を少しづつ・・・。  
W1の魅力の一考察・・・暇な時に読んで下さい。


まずは コンロッド ですが、
戦前は「連接桿」(れんせつかん)と呼ばれてました。
桿(かん)は「てこ」とか「さお状の棒」の意味で、飛行機の「操縦桿」の桿です。
小端部は往復運動、大端部は回転運動と複雑な動きをする部品ですね。
IMG_0008.jpg


W1クランクの特徴として、「コンロッドが長い」と言えます。 
長いかどうかの目安は『連桿比』(れんかんひ)で比較できますね。
連桿比とは、コンロッドの長さをストロークの1/2で割った値です。
W1の場合、ロッドの中心間距離は152.0㎜、ストロークは72.6㎜ですから、
連桿比:152.0÷72.6/2=4.19となります。
普通のエンジンでは3.5前後ですから、4を超えるのは長い方ということになりますね。
IMG_8500_20170128193132f4f.jpg


コンロッドの長さは、エンジンを設計する時に、その特性を決める大事な要素となります。
長いと、回る時に傾きが少なく、ピストンをシリンダーの壁に押付けるスラスト力が小さくなってフリクションが少なくなります。
そのためレースエンジンは長めに採るといいます。 F1エンジンでは5以上とか。(汗)

コンロッドの長さは、往復するピストンのクランク角に対する位置やスピードに関り、燃焼ガスの膨張や排気音にも影響を与えていると思います。(これ以上の説明は専門家に任せます)


W1はメグロK1・K2がベースとされていて、コンロッド長とストロークは同一寸法です。
そのお手本とされるBSA A7star twin(1950)500㏄のストロークも72.6㎜、正確なコンロッド長は未確認すが、多分6インチ(152.4㎜)だと思います。


コンロッドが長いエンジンはおっとり回るイメージがあります。 SL機関車や発動機はみな長いですね。
このコンロッドの長さがW1の「得も言われぬ気持ち良さ」の一因になっていると思います。


W1のコンロッドは非常にいい形をしていて、大端部内径はほとんど変形せず真円を保っています。リブが効いているんですネ~。
IMG_0009_1.jpg


重量は後期になるにつれて微増していきます。 鍛造型のせいでしょうね。
IMG_0001.jpg









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。