スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1キャブヘッドのネック

1キャブヘッドの、いわゆる元祖「W1」は根強い人気がありますね~。
フィンの形状が良くて、キャブも調整し易く、何よりメグロK1・2に近い柔らかな走行フィーリング。
W1を愛するオーナーも多いようです。

そんなオーナーのKさんから、最近、白煙が出始めたとの相談がありました。

ヘッドを分解してみると、Lサイドの燃焼室が湿っています。
IMG_0001_2.jpg


特に吸気バルブ周りからはオイルが滲んでいますね。
IMG_0003_1_20170314180523ae2.jpg


バルブ周りを分解すると、吸気ガイドの周りにクラックが入ってました。
ここからエンジンオイルが吸って「オイル下がり」を起こしたのが原因ですね。
IMG_0009_1_2017031418052425a.jpg


これは別ヘッドの写真ですが、レッドチェックでRサイドのクラックが入っている様子が分ります。
IMG_4702.jpg
これは、1キャブヘッドには良くあるトラブルで、困ってるオーナーの方が多いです。


この部分の肉厚が薄いのでしょう・・・L,Rどちらかのサイドで発生します。
IMG_4700.jpg
ガイドを抜いて溶接修理を試みましたが、患部にトーチが入りきれず、うまくいきませんでした。


何とか直そうとトライの末、写真のような「つば付きカラー」を嵌め込む方法に行きつきました。
IMG_0008_1_20170314180856ac3.jpg


ポート側から見ると、ガイドの周りのカラーがかすかに確認できますネ。
IMG_0011_1.jpg


実際に走って確認したところ、大丈夫でした。
IMG_0006_1.jpg

加工はかなり大変ですが、ヘッドが復活するのはとても嬉しいですネ~。



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。