スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰下の搭載

整備が済んだ腰下をフレームに搭載しました。



エンジンをそっくり組んでしまうと大きくて重くなるので、腰下を組んだら搭載ます。(楽)
IMG_0043.jpg


フレームを痛めたくないので、ホースを切って保護カバーにしてます。
IMG_0045_20170404192845173.jpg


これなら一人でも載せられますネ~!
IMG_0046_201704041930149d3.jpg
エンジンを降ろす時もこの要領ですね。


予めフレームを掃除しておくときれいに組めますネ。
IMG_0047.jpg


オイルホースの取付けを忘れて再登載・・・(泣)
IMG_0051_201704041928478ad.jpg


昔は、「エンジンはAssyにして搭載するもの・・・」と思ってましたが、フレームをエンジンスタンドと考えればいい訳で、
「エンジンは車の一部、より楽しく走るために整備する・・・」と思うと、楽に組める気がしますネ~ (汗)






























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。