スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナモの組付け

ダイナモを本組みします。

クランクシャフト先端のオイルポンプ駆動ピニオンを外しておくと作業し易いですね。



左サイドからダイナモをいっぱい押し込んで、シャフトにシムとキーを取付けます。
IMG_0002_20170411170106dc5.jpg


チェーンとダンパーラバーは新品にしておきます。
IMG_0004_20170411170108f01.jpg


ダイナモシャフトとアイドルシャフトのキーを合わせてスプロケットを組込みます。
IMG_0005_20170411170109f32.jpg


前方から覗いて、チェーンとケース端面が平行になっているかチェックします。
基本的にはシムで調整しますが、ダイナモを前後に微調整してクランプバンドを絞める手もあります。
IMG_0007_20170411170111ace.jpg


アライメントが出たら、ロックワッシャーを挟んでナットを絞めます。
IMG_0010_20170411170135ff1.jpg


オイルポンプ駆動ピニオンを組付け、ロックワッシャーを起こします。
シールリングにオイルを塗り付けます。
IMG_0016_1_201704111701406fa.jpg


4つ(クランク、カム、ダイナモ、ガバナー)のロックワッシャーを起こし、
ベアリング・ギヤ・チェーンにをたっぷりオイル注してからガスケットを挟みます。
IMG_0015_1.jpg


クランク先端のシールリングをそっと入れるようにYカバーを取付けます。
ケースとカバーに隙間が無いのを確かめてからビスを締付けます。
IMG_0021_20170411170141a50.jpg

Yカバーはいつ見てもいいッスネ~。




















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。