スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロントチェーンケースの組立て

フロントチェーンケースを組んでいきますが、
ここでは、「ケースの固定」と「チェーンの張り具合」の2点の注意が必要です。


まず、フロントチェーンケースを4本のボルトでクランクケースに組み込みます。( ガスケット挟む)
スイングアームとの干渉を避けて、いい位置を出します。



ケースの裏とチェーンケースマウンテングナット端面とのすき間をチェックします。
IMG_0026_20170418191134f7f.jpg


スペーサー(ワッシャー)を調整して隙間にピッタリにします。
隙間があるままボルトを締めるとケースが歪んで、後でオイル漏れの原因になります。
IMG_0035_20170418191154d70.jpg



次に、チェーンの張りを調整するために、スプロケットとチェーンを仮組みします。
張りは、ミッションを前後に動かして調整します。(固定ボルトを緩める)
IMG_0043_201704181912290c5.jpg


張り具合は微妙ですが、張過ぎると各部に負担がかかり、パワーもロスします。
緩すぎると走りがギクシャクして異音も出ますから、「緩からず、張り過ぎず」ですが、その加減が難しい。
IMG_0042_20170418191208a37.jpg
w1は丈夫ですから、トライ&エラーを経験しながら加減を見つけるといいと思います。(汗)
張りが決まったら、ボルトを締めてミッションを固定します。


クラッチを外し、目玉形のシールプレートを組付けます。(裏表に注意して新品オイルシールを組み込みます)
IMG_0001_1.jpg
角断面のシールも交換します。(右下は既に組付けたミッションのオイルシール)


既にミッションの位置を決めてあるので、シールに負担がかかりませんネ。
IMG_0045_20170418191305eff.jpg


ワッシャーを噛まないようにボルトを締めてロックの爪を起こします。
IMG_0046_20170418191306e20.jpg


スプロケット・チェーン・クラッチを本組みしてっワイヤーロックしたところです。
IMG_0055.jpg





実はこの車体、分解したときに異常が見つかりまして、カバーを外した時に大きな鉄片が落ちてきました。(焦)
写真のように、クラッチハウジングの一部が欠落していて、手に持っているのがその破片です。
IMG_0020_2.jpg
ケース内の空間に落ちていたのでしょう。嚙み込まれなくて幸運でした。


ハウジング単体の写真です。
こんなトラブルも起きるんですね!(冷汗)
IMG_0036_201704212146163dd.jpg
他にダメージはなくて、ハウジング(ストック)とクラッチデスク(新品)のみ交換しました。

















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 はじめまして。
私は以前オイルフィルターキットを、購入した者です。
2年ほど前にフロントスプロケットを交換しようと、プライマリーカバーを開けたときに、
同じようにクラッチハウジングの一部が欠けてケース内に落ちてました。
まったく同じ症状です。
ゾッとしました。巻きこまなくてよかったです。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。