FC2ブログ

「チェーンケース固定ボルトキット」 新発売

W1を整備するときに、厄介な部分が何カ所かあります。
整備の度に憂鬱になる部分です。

その1つ、
過去の記事、2017,4,21 「フロントチェーンケースの組み立て」で書いたように
フロントチェーンケースを組む時に「適切な厚さのワッシャーを挟む」という部分があります。



苦心してピッタリのシムを探すのですが、ピッタリの厚さのワッシャーなんか有る訳ない!
IMG_0035_20170418191154d70.jpg
適当に締め込むとケースが歪み、オイル漏れの原因となります。



スッキリしたいと考えてきましたが、やっと使える部品が出来ました。
上がこれまでのボルトとナット、下が今回作ったボルトキットです。
特製ボルトに交換し、チェーンケースを裏表からナットで挟んで固定する仕組みです。
IMG_0025_201905081829180a8.jpg



組付け方法は、元々のロングナット、
いわゆる「ナット、チェーンケースマウンテング」を本キットのボルトに替えます。
IMG_0005_2019050818290950b.jpg
(写真では試作品のため、黒く塗装してあります)



チェーンケースを組付け、まずクランクケース側の4本のボルトを締めておいて、
それから残りの1本をケースが歪まないように両面からナットで締めます。
IMG_0012_20190508182912522.jpg



手前側のナットは緩むと困るのでロックナットにしました。
IMG_0020_201905081829179e8.jpg
よく調べてませんが、このようなボルトが過去にもあったかも知れません。
あるいは、自作されてる方もいるかもしれませんね。



値段は4,000円(税別)
IMG_0001_20190509180109b56.jpg

こちらもミーティングでごご覧下さい。






























スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ