FC2ブログ

クランクのボルトは逆ネジ

これもクランク周りのダメージということで紹介します。

正式名は「ボルト、オイルポンプピニオン」 
Yカバー内でクランクピニオン・オイルポンプピニオンを締付けているボルトです。
緩み防止のために逆ネジになってますが、知らずに緩めようと左に回すと最悪の場合ネジ切れしてしまいます。


六角の頭が千切れてしまうと、ネジ部分を除去するのに一苦労します。
ネジ切るくらい締めてますから、簡単には緩みません。

幸い、ボルトは柔らかいのでネジ底径よりちょっと小さいドリルで揉んでネジの腰を落とします。


ここでは、テーパーリーマーを噛ませてネジを緩めています。
IMG_0063_20200314172420545.jpg


今回は無事ネジ部を外すことができました。
IMG_0064_20200314172421301.jpg
クランクシャフトの端部を傷めると、クランクOH時の芯出し精度を落としてしまうので注意深く扱わないとなりません。
カムギヤの締め付ナットとここのボルトの2カ所が逆ネジですので要注意です。











スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

u-crank

Author:u-crank
U-CRANK
(ユークランク)

〒418-0006
静岡県富士宮市外神(とがみ)1552-1
代表 植澤 勉

TEL:090-1863-8414
FAX:0544-58-2427
e-Mail:info@u-crank.com

当社「U-CRANK」はカワサキバイクW1エンジンのOH(オーバーホール)を行います。
従来困難とされてきたクランクシャフトも完全分解して特製ニードルに交換します。
精度の高い組立てはエンジンの振動を減少し快適な走行を実現します。
W1は製造されてから既に40年経過しています。
分解するとオイル通路に堆積したスラッジによりダメージを受けているクランクが少なくありません。
故障する前に是非早期のOHをお勧めします。
お気軽にご相談ください。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
月別アーカイブ